高濃度で抜けにくい水素水でしっかり水素をとろう!

水素水にも種類がたくさんあります。各社が独自に製品開発を行っています。
これには水素を含んでいないといけませんので、肝心の水素が抜けてしまっては意味がありません。
そこで、水素が高濃度で抜けにくい水素水を紹介します。

これで健康に一歩近づけます。

どうやって作っているの?

伊藤園の水素水H2は、岐阜県の長良系の澄みきったおいしい天然水を使っています。
天然水なので、余分な物は入っていません。

もともと水素は無味、無臭で味はないので、水素水の味は使っている水の味により決まってくるものです。
この製品は、長良水系の地下水を使用しています。
味は、のどごしまろやかで軽く、飲みやすいものです。

軟水に分類され、硬度は40です。

原料である、水とH2に水素水を作るために圧力をかけます。
これは天然水に水素を溶け込ませるためです。

そうすると、水素水H2が完成します。
それを抜けてしまわないように、ボトルに詰めていきます。

この時に、独自の製法により水素が水中化から空気中に抜けていかないようにしていくのです。
その方法は、水素ガスを高濃度、細かい気泡状態にして水の中に入れ込むことにより
水中に水素が長い間とどまっていられるようにしています。

気体である水素が水の中から上方に抜けていくのを細かくしたことによって
上下左右のいたる方向に縦横無尽に漂うので空気中に抜けるのを防ぐことができるのです。

どんな時に飲めばいいの?

水素水は安心安全の商品です。
この水素水H2も例外ではありません。
水と同じようにどんどん飲んでいけます。

飲むタイミングとしては、スポーツをする時に汗が出て乾いてしまった体を潤す時や
美容や健康のため、一日の始まりの朝にも効果を発揮します。

また、お風呂上りで水を補給する時のように、通常に水を飲む要領で飲用していけます。
生活の様々な時に活躍すること間違いなしです。

高濃度で、抜けにくいので大量の水素を体の中に取り込んで
元気で活動的な体づくりに有効です。