高水素濃度である7.0ppmの手づくり水素水aquela

本記事では、手づくりでありながら市販の製品の水素濃度を大きく上回っている『aquela』についてご紹介いたします。

『aquela』は業界でもトップクラスの圧倒的な高水素濃度である7.0ppmを実現しています。

『aquela』とは、水素業界における世界的な権威が認めた、業界で一番の圧倒的な高水素濃度である7.0ppmを実現した水素水です。
2013年の週刊文春においておこなわれた実験でも、9種類の市販されている水素水のなかで、もっとも水素濃度が高いと紹介されています。
事実、水のなかに水素が溶ける限界の飽和量は1.6ppmですが、『aquela』はそれを大きく上回っています。

付属している水素濃度判定試薬を利用することで水素水を飲んだ時点での水素濃度がわかります。

『aquela』には、世界初の水素濃度判定試薬が付属されているので、水素水を飲む前にその濃度を目で確かめることが可能です。
水にどのくらい水素が含まれているのか、ほかの市販品では絶対に確かめられない『aquela』独自のサービスです。
試薬は青い色をしており、水素濃度0.1ppmあたりにこの試薬を1滴たらしたら、青い色が透明に変わります。
つまり、水に何滴の試薬をたらしたら色が変わるのかによって、水素濃度をはかることが可能です。

『aquela』は水素濃度が圧倒的に高いものの、値段は他社と変わりません。

『aquela』の値段は500mlあたり226円です。
他社の製品よりも圧倒的に水素濃度が高いにもかかわらず、値段はそれほど変わらないので圧倒的にお得です。

さまざまな臨床試験や医療の現場で用いられる7.0ppmの水素水

水素濃度の高い7.0ppmの水素水は、さまざまな臨床試験や医療の現場でも用いられているものです。
具体的には、リウマチの専門医が臨床試験に使用しています。
そのほかにも、世界中で200以上の論文が発表されたり、病院や製薬会社、大学などでも積極的にその効能について研究されています。

『高濃度ナノ水素水スパシア』や『浸みわたる水素水』など、容器タイプとは一味かわった手づくりの味をぜひ味わってみてください。