更年期と水素水

更年期障害は、誰にでもその症状があるわけではなく、なった人にしかわからない辛さがあります。
そんな症状を、和らげてくれる効果が期待できるのが水素水です。

水素水の働き

水素は、体内で抗酸化物質となり、活性酸素を除去する働きがあります。体が酸化する影響は広く言われていますが、そこを防ぐ働きがあるのが水素水です。
活性酸素は年齢とともに増えることが分かっています。ストレスなども増やす原因と言われていますから、活性酸素は防ぎようがない、と思いがちですが、そんなことはありません。
SODという酵素が体内で中和してくれます。しかしこの酵素は年齢とともに減少していくものなので、放っておくと、人間の体は老化していきます。
いつまでも若々しくあるためには、外から活性酸素を中和するものを入れることが必要になります。
水素水は、今、抗酸化物作用がある物質として注目され、研究が進められています。

体の老化

あまり考えたくはないですが、人はみな老化していきます。シミやしわが増えたり、内臓の働きが衰えることからくる病気、足腰の衰えは、仕方がないとわかってはいても
抗いたくなるのが人間です。特に、女性の体の機能の変化として、閉経は大きな影響があります。閉経によりホルモンバランスが崩れることから起こる症状は、人それぞれ違います。
自律神経が乱れることから、イライラしたり、眠れないこと、あとはホットフラッシュと呼ばれている、突然のほてりはとてもつらいものです。
また、閉経後すべての女性が同じ症状になるわけではなく、まったく症状がない人もいることから、女性にとって孤独になりやすいのが更年期です。
体の老化は、孤独も感じやすくなるものかもしれません。

更年期と水素水

水素水は、体内の活性酸素を除去し、血流を良くします。基礎代謝が上がり、ホルモンバランスを正常に近づける作用があるので、更年期の症状に良い働きが期待できます。
水素を体に取り入れることで、ホルモンのバランスを保つことが体に負担がなくできれば、更年期も怖くありません。
まずは、飲んでみることから始めてみてはどうでしょうか。伊藤園の水素水は店頭で販売しています。手軽に手に入るものから試してみるのもよいかもしれません。